倉持明日香 グラビア撮影

ラグビーW杯日本代表のPR稲垣啓太(29)=パナソニック=と元AKB48のタレント、倉持明日香(30)が交際していることが14日、分かった。複数の関係者によると、スポーツキャスターとして活動する倉持がラグビーの取材で共通の知人選手を通じて知り合い、友人関係を経て夏前から熱愛に発展。稲垣は中学時代まで野球少年で、倉持はプロ野球、ロッテやヤクルトで投手として活躍した倉持明氏(67)の長女。笑わない男と元アイドルの異色カップルが誕生した。

 ラグビーW杯で国民的スターとなった桜戦士の稲垣と元AKBの倉持が、ひそかに愛を育んでいた。

 複数の関係者によると、スポーツキャスターとして活動する倉持が数年前にラグビーを取材し、共通の知人選手から紹介されて稲垣と出会った。

 プロ野球やプロレスなどスポーツに詳しい倉持は、知り合う以前から稲垣のファンだったという。当初は友人として複数の仲間と食事を楽しむ仲だったが、稲垣の優しい人柄やラグビーに対するひたむきな姿にひかれ、今年の夏前からさわやか交際に発展した。

 倉持は“恋愛禁止”のAKBを2015年8月に卒業して約4年で、今回が初ロマンス。明るく朗らかな性格で、AKB時代は後輩や先輩からも慕われ、チームキャプテンとしても活躍してきた彼女が、人生最大の一戦に挑んだ恋人を陰ながら支えてきたようだ。

 W杯ベスト8進出を決めた10月13日のスコットランド戦では、選手の家族や親しい知人が座ることができる関係者席で観戦する姿が目撃されており、稲垣は“最愛の人”の前で代表初トライを決めて勝利に貢献した。

 稲垣は試合中もメディアに登場しても表情ひとつ崩さず、コワモテな姿からつけられた「笑わない男」の異名が今年の流行語大賞にノミネート。W杯を終えてからは台風被害に見舞われた千葉県へ代表のチームメートたちと災害ボランティアへ行き、被災者を勇気づけてきた。

 一方、AKB時代に「もっちぃ」の愛称で人気を集めた倉持は現在、スポーツキャスター、女優、タレントと幅広く活動。9月に30歳になり、ますます美しさに磨きがかかっている。2人そろってまさに公私ともに充実期を迎えている。

 また、稲垣は中学時代まで野球少年で、倉持はロッテやヤクルトの抑え投手として活躍した倉持明氏の長女。野球という共通点も2人の縁を結んだはずだ。

 日本中を席巻したラガーマンと、その活躍を見守るAKB出身の“勝利の女神”。サプライズなカップルの恋のトライが注目される。

★稲垣の近況

 W杯日本大会終了後は所属チームのパナソニックの方針で、オフを約4週間もらって休養に努めている。一方、テレビ番組などに数多く出演しているため、母校の新潟工高にもまだ訪問できないほどの多忙ぶり。14日夜もTBS系「桜井・有吉THE夜会」に、SH田中史朗(34)やHO堀江翔太(33)らW杯メンバー5人とともに出演。あこがれの女性として俳優、松田翔太(34)の妻でモデル、秋元梢(32)が登場すると、「笑わない男」がうっすらと笑みを浮かべ、スマホのツーショット写真に納まった。今後は12月上旬から行われるチームの合宿に参加する見込みで、来年1月12日開幕のトップリーグに備える。