木之内みどり 旦那

こうして、木之内さんは、この騒ぎの渦中にリリースされた13枚目のシングル「一匹狼(ローン・ウルフ)」を最後に芸能界を引退されると、その後はマスコミの前に姿を表すことはなく、取材も一切拒否。

後藤さんと前妻の間で離婚調停が行われ、後藤さんが慰謝料と養育費3240万円を支払うことで翌年の1979年7月に離婚が成立すると、同年12月、木之内さんと後藤さんは、晴れて(極秘)入籍されたのですが・・・

ちなみに、木之内さんの元マネージャーの川岸さんは、

みどりは(シングル)『無鉄砲』を出して、歌そのままに行動してしまったね‥‥。彼女は純粋な子だったから、ここで引退を撤回させるのは無理だろうと思った。

相手の男(後藤次利さん)は「責任を持つ」と言ったけど、すぐには離婚も成立しなかったね。

と、当時を振り返り、語っておられました。

ところで、木之内さんは、会見の翌週からオンエアされるはずだったお菓子のCMほか、1年後まで仕事が決まっていたため、その億単位もの違約金やキャンセル分などを負担しなければならない浅井企画は、倒産寸前にまで追い込まれてしまいます。

しかし、そんな時、事情を聞いた萩本欽一さんが、これまで番組に色がつくことを恐れて敬遠していたCMを何本も引き受けてくれたおかげで、倒産の危機を脱し、会社を存続させることができたのだとか。

それでも、萩本さん、川岸さん、浅井企画の社長を含めて誰一人として木之内さんを責める者はいなかったそうで、それほど、木之内さんが周りの人たちに愛されていたのが伺えます。

そんな木之内さんは、1987年に後藤次利さんと離婚後は、写真学校に通い、その後カメラマンに転身。

(木之内さんの元マネージャー・川岸さんによると、浅井企画から新人がデビューすることになった時には、木之内さんに頼んで宣材写真を撮影してもらっていたそうです)

そして、1990年、32歳の時には、俳優の竹中直人さんと再婚されています。