西内まりや ビンタ事件

誰でもなりうる「パニック障害」怖がらず、できることから乗り越えていく

「ひとと会うのがつらい」「大勢が集まる場所で動悸がする」「外に出るのが怖い」など……ひとに話しにくい症状に苦しんでいる方々に、エールをお送りしたい。そんな思いから、この対談は実現しました。過去にパニック障害を克服した経験がある西内まりやさんに、精神科医の安田雄一郎先生を交えて心の悲鳴に耳を傾けることの大切さについて語っていただきました。

パニック障害を克服した西内まりやさん「勇気を出して、自分の心と向き合う時間を」

突然起こる動悸、めまい、不安感、胸の圧迫感などの「パニック発作」が長期に渡って起こると「パニック障害」と診断される

パニック障害とは?

―パニック障害とは、医学的にどのような状態?

安田先生:

突然起こる動悸、めまい、不安感、胸の圧迫感、そういった症状をパニック発作と呼びます。緊張する場面とか、大勢の人がいる場所などで起こることが多いのですが、パニック発作が長期にわたって頻繁に起こって困るとなると、パニック障害と診断されます。

西内さん:

パニック発作が連続するとパニック障害に……

安田先生:

緊張する必要がないときでも電車の中や楽しむために出かけたライブ会場などでパニック発作が起きるなど、パニック障害になると「広場恐怖」というものに苦しんだりもします。

―自覚症状は様々なのでしょうか?

安田先生:

動悸とか不安、緊張が強いとかですけど、パニック発作的な症状が出たりとか、うつ病と併発したりとか……。職場に行けない、電車に乗れない、外出しづらいとか、そういった形での症状が多いですね。

パニック障害を克服した西内まりやさん「勇気を出して、自分の心と向き合う時間を」

「理解してくれる人が少しでもいるだけで、全然違いました」