谷口愛理 脱退理由

HKT48の元メンバー谷口愛理容疑者(21)が大麻取締法違反(所持)の疑いで福岡県警に逮捕されたことが16日、関係者への取材で分かった。

谷口容疑者は11年10月にHKT48の1期生としてお披露目され、同11月劇場公演デビュー。公演デビュー当初はアンダー出演(控え)ながら、12年3月に研究生から正規メンバーに昇格。「あいりす」の愛称で、年少メンバーながら活躍し、当時の取材で「目標はファッションモデル」と話していたが同8月に、グループとしての活動辞退を発表。関係者によると、当時から素行不良などが問題視されていたという。

14年に芸能活動を再開。青年誌の企画でグランプリを獲得するなどグラビアを中心に活動し、DVDなども発売したが、その後は所属事務所の公式ホームページなどでも目立った活動の記載はなく、ツイッターなどのSNSも16年を最後に更新が途絶えていた。