女子プロレス・木村花さん急死 「スターダム」所属の22歳、

女子プロレス「スターダム」に所属する木村花さんが23日に亡くなったことがわかった。22歳だった。同団体のホームページ(HP)で発表された。

 HPでは「【訃報】木村花逝去に関するお知らせ」とのタイトルで亡くなったことを伝えている。

 HPは「当社所属選手 木村花選手が本日5月23日逝去いたしました。突然のことでファンの皆様、関係者の皆様には深いご心配と、哀しみとなり、大変申し訳ございません」とした上で、「詳細につきましては、いまだ把握出来ていない部分もあり、引き続き関係者間の調査に協力してまいります。木村花選手のご冥福を深くお祈り申し上げます。今後につきましてはご親族と相談の上、お知らせいたします。また他の所属選手の心のケアにも努めてまいります」と説明している。

 木村さんは現在Netflixで配信中の「テラスハウス」にも出演していた。

 木村さんは21日に自身のツイッターで「音楽があって、あったかくて、家族と大好きな人達と素敵な人達がいっぱい出てきて 可愛くなって、可愛いねって言われて 試合をしていて、たくさん笑っていて 小波さんとじゃんぐるさんとプロレスを観に行く途中で 今までの幸せとこれからの幸せが沢山詰まった夢をみました。とにかく幸せだった」と心境をつづっていた。

 プロレス関係者によると、木村選手は高校を中退後、プロレス学校に入学。卒業後、2016年当時、武藤敬司が率いた「WRESTLE-1」でデビュー。2019年に「スターダム」に移籍すると、瞬く間にトップ選手に。ヒールレスラーとして人気だった。今年の新日本プロレス東京ドーム大会にも、初日の第0試合に出場。これからの活躍が期待されていただけに関係者のショックは大きいという。母は元女子プロレスラーの木村響子さん。