長濱ねる 水着写真 高画質

アイドルグループ・欅坂46を昨年7月に卒業した長濱ねるが、7日、自身の公式サイトと本人とスタッフによる公式ツイッターを開設した。ネット上には「ねるちゃん、おかえり!」「復帰してくれてありがとう」と喜ぶファンの声が寄せられた。

 7日放送の『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系/火曜23時)に新レギュラーとして出演し、昨年7月のグループ卒業から約1年ぶりに芸能活動を再開した長濱。同時に開設された公式サイトには、新しいアーティスト写真多数と「みなさまへ」と題したメッセージを掲載。

 長濱は「初めまして。ホームページを訪れてくださり、ありがとうございます。長崎県出身の長濱ねるです。好きなものは読書と音楽とお刺身です」と自己紹介。

 続けて「欅坂46を卒業して今月でちょうど1年が経ちます。卒業後、勉強しながら過ごす日々の中で、将来の目標がやっと輪郭を帯びてきました。その為に、今は興味があること、知らないことを柔らかい姿勢で沢山吸収して、共有できたらと考えています」と心境を吐露。さらに「変化も含め新たにまた知っていって頂けると嬉しいです。どうぞこれからよろしくお願いします」とファンに呼びかけている。

 長濱の突然の芸能活動再開に、SNSには「マジで震えてます…」「鳥肌が止まりません」「七夕の夜、こんな奇跡があるとは…」といった驚くコメントや、「ねるちゃん、おかえり!」「復帰してくれてありがとう」「また会えて嬉しい」と喜ぶファンの声が殺到し、「長濱ねる」がツイッターのトレンド1位を獲得した。