気になるニュース.jp

気になるニュースをツッこんでお知らせします!

気になるニュース

シャブ山シャブ子を信じてはいけない

投稿日:

テレビドラマ『相棒』に登場した薬物依存症の女性キャラクター「シャブ山シャブ子」が話題を集めている。迫真の演技という評価も多いが、国立精神・神経医療研究センターの松本俊彦医師は「啓発運動が繰り返してきた間違ったイメージを再現しており、本物の薬物依存症者とは異なる。差別を助長する恐れがある」と指摘する――。

■複数の医療関係者から「あのシーン、ヤバいよ」と連絡

 この数日間、ネット上で「シャブ山シャブ子」なる奇妙な名前が話題となっています。これは、11月7日放送のテレビ朝日系ドラマ『相棒 Season17』の第4話に登場した中年女性の名前です。

 その女性は、番組終盤、忽然と白昼の公園にあらわれ、手にしたハンマーでいきなり刑事を撲殺したのです。殺害後に奇声をあげて高笑いをする姿はあまりにも異様で、多くの視聴者に強烈なインパクトを与えました。

 その後、警察の取調室で、その中年女性は場違いかつ年齢不相応な高いテンションで自らをこう名乗りました。「シャブ山シャブ子、17歳です! 」。カメラは肘窩(ちゅうか)部にある注射痕を映し出し、彼女がシャブ(覚せい剤)の常習者であることを視聴者に知らせ、その間、彼女は、羽虫の幻覚でも見えているのか、しきりと目の前の何かを振り払うしぐさを繰り返していました。さらに次の場面では、取り調べを終えた刑事たちの立ち話のなかで、彼女に関する情報が明かされました――「重度の薬物依存症者」「責任能力を問えない可能性がある」と。

 私はリアルタイムでこの番組を観ていたわけではありません。番組終了直後、複数の医療関係者から、「あのシーン、ヤバいよ」という連絡を受け、映像を確認しました。

■あんな「覚せい剤依存症患者」は実在しない

 「これは薬物依存症者じゃなくて、ただのゾンビじゃないか」

 それが率直な感想でした。登場時間はわずか1分あまりでしたが、放送直後からネットでは「マジ怖かった」「怖すぎて、物語に集中できなくなった」といった感想が書き込まれ、ちょっとした騒ぎになっていました。次第に「覚せい剤依存症者」を見事に演じた女優の江藤あやさんを称讃する声が数多く上がり、「シャブ山シャブ子」という言葉は、Twitterのトレンドワードに入るほど広がりました。

とのこと。

医療関係者は誤解のないようにと警告しているようだが、TVドラマじゃんっていう気持ちと勘違いする人もいるのかもなというのが正直な感想です。なんでもかんでも視聴者が信じるわけではないし、誤解が生じる可能性もある。だけどそれは演技者が悪いわけではなく、演出側とかが薬物依存症者はこんな感じっていうのでやっているからだと思う。

そもそも僕らは身近に薬物症者がいないからわからない。でも、例えば自分が薬物依存症者だとして「シャブ山シャブ子です!」なんてTVで言われたら、がっかりするだろうなあ。想像力の問題だなあ。表現には気を付けないといけませんね。

あと「シャブ山シャブ子」ってセンスないですね(笑)

スポンサードリンク



スポンサードリンク



-気になるニュース
-

執筆者:

関連記事

新海誠監督 最新作は「天気の子」

新海誠監督(45)が13日、都内で最新作「天気の子 Weathering With You」(2019年7月19日公開)の製作発表記者会見を行った。製作陣や声の出演者にあわせて、ポスタービジュアルも発 …

村上アナ 夫

テレビ朝日系の人気討論番組『朝まで生テレビ!』でメインキャスターを務める村上祐子元アナ(現・報道局政治部記者)がドロ沼の離婚訴訟係争中であることが明らかになった。  15日発売の「週刊ポスト」(小学館 …

神戸蘭子インスタグラム

モデルの神戸蘭子(36)が20日、自身のブログを更新し、第2子を出産していたことを報告した。  「先日、第二子を無事に出産しました。これからもきっと大変な事もあり、不安もありますが、楽しみもいっぱいで …

早見あかり ももクロ時代

AI研究者・黒川伊保子による書籍「女の機嫌の直し方」の映画化とテレビドラマ化が決定。早見あかりが主演を務める。 本作は、結婚式場で巻き起こる男女のトラブルを、男女の脳の違いを分析したAI研究をもとに次 …

深田恭子インスタグラム写真

 女優の深田恭子さんが、7月スタートの連続ドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系、木曜午後10時)に主演することが10日、明らかになった。横関大さんの小説(講談社)が原作で、代々泥棒一家の娘と代々警察一家 …