気になるニュース.jp

気になるニュースをツッこんでお知らせします!

気になるニュース

AKB48の大家志津香 12年目でも卒業しない理由

投稿日:

2018年6月に開催された「AKB48 53rdシングル世界選抜総選挙」では100位。全メンバーの中で最初に名前を呼ばれたのが26歳の大家志津香だ。彼女は07年の4期生オーディションに合格してAKB48のメンバー入り。今では在籍12年目を迎え、グループで3番目に長いキャリアを持つ。最近は『池の水ぜんぶ抜く大作戦』(テレビ東京系)などテレビでも活躍。それでも「卒業」の意志はないという。その理由とは?

もともと「歌って踊るのもかわいく振る舞うことも苦手。自分でもアイドルとしての素養はないと思っていたけど、テレビに出るタレントさんになりたかった」と言う彼女。AKB48に加入するもなかなか脚光を浴びることができず、正規メンバーに昇格するまでにはグループ史上最長となる約2年半を要した。当時は“卒業”の二文字が常にそばにあったという。

今なら1人のタレントとしても十分通用すると思えるが、AKB48からの卒業は全く考えていないという。アイドルという職業柄、26歳という年齢に対してのファンの目は厳しく、なぜ後輩に席を譲ろうとしないのかと批判を浴びることもある。それでもアイドルであり続けたい理由があるのだ。

「もし、私がアイドルになることを夢見ていた人間なら、とっくに卒業しているでしょうね。でも私にはアイドルはこうでなきゃという固定観念もないし、『AKB48は次へのステップだ』と教えられてきた世代なので、1人でできると思えるようになるまでは卒業する気になれないんです。そこが、AKB48に憧れて入ってきた下の世代とは違うところかもしれません。

今までAKB48から受けてきた恩を返したいという気持ちもあります。ずっと第一線で頑張ってきたメンバーが卒業して、AKB48がメディアに出る機会が減っちゃったじゃないですか。自分がAKB48の名前をつけてテレビに出ることで少しでもグループを知ってもらえるきっかけになればいいし、総選挙の順位をいじられれば、総選挙というイベントを意識してもらえる。そういう部分では少しはAKB48の役に立てると思うんですよね。

私のように選抜に入れない後輩の中には、『大家さんみたいになりたいんです』って言ってくれる子もいて…。そういう子たちが私の姿を見て、人気がなくても推されてなくても、自分の頑張り方次第ではどうにかなるんだって希望を持ってくれたらうれしいですね。

やっぱりアイドルってスゴいんですよ。ファンの方と直接コミュニケーションをとって、喜びや悲しみを分かち合い、時には人生相談みたいなことまでする。もちろん、タレントや役者さんにもファンはいるけど、こんなふうに絆を深め合うのは難しいと思うんです。ファンの方との絆こそ、私がアイドルであり続ける理由。キラキラ輝いて楽しませることはできないけど、大家が頑張ってるから自分も頑張ろうって思ってもらえるような親しみやすい、みんなの大親友みたいな存在でいたいんです」

(ライター 蒔田陽平)

スポンサードリンク



スポンサードリンク



-気になるニュース

執筆者:

関連記事

花田美恵子は 避妊しないって本当?

花田美恵子さん(49才)が13才年下の会社経営者と再婚していたことが分かった。  この秋、ハワイ・ホノルル市内の地元料理が楽しめるカジュアルレストランで食事を楽しむ美恵子さんの姿があった。隣に座る中田 …

藤井美穂 モデル

米国でプラスサイズモデルという新たなジャンルで活躍する藤井美穂さん。日本では「デブ」と言われ続け活路が見つけられなかったといいます。そんな藤井さんが米国に渡った訳、自分の道を見いだした過程、日本の人々 …

三浦雄一郎 アコンカグア メンバー

 86歳で南米最高峰 アコンカグアの登頂を目指していた、冒険家の三浦雄一郎さんが断念です。  アルゼンチン西部にあるアコンカグアで標高6960メートルの山頂を目指していました。18日時点で6000メー …

あいみょんの不思議な魅力とは?

シンガーソングライターのあいみょんが11月に新曲「今夜このまま」をリリースする。同曲は放送中のドラマ「獣になれない私たち」の主題歌に起用されている。高いソングラティングスキルと一度聴いたら忘れられない …

「紅白歌合戦」刀剣男士は19名でパフォーマンス

12月31日(月)にNHK総合ほかで放送される「第69回NHK紅白歌合戦」の出場歌手のうち、刀剣男士、Aqours、AKB48の歌唱曲および演出が発表された。 海外でも人気のジャパンカルチャーを紹介す …