気になるニュース.jp

気になるニュースをツッこんでお知らせします!

気になるニュース

佐藤麻美アナウンサー 退社

投稿日:

「水曜どうでしょう」などを制作する北海道テレビ放送(HTB)の人気グルメバラエティ番組「おにぎりあたためますか」でMCを務める佐藤麻美さん(元アナウンサー、現編成部所属)が7月31日付で同社を退社する。30日放送の同番組内で発表した。【吉川慧 / BuzzFeed Japan】

佐藤さんはBuzzFeed News Japanの取材に対し、「HTBのことは大好きだし、大好きなスタッフも沢山いるのですが、やはり『表現者』として、新しいフィールドにも挑戦しながらこの先も長く仕事をし続けていきたいという強い思いがあり、このような決断をしました」と、胸中を明かした。

佐藤さんは1998年、HTBに入社し、アナウンス部に所属。2003年スタートの「おにぎりあたためますか」でMCに抜擢された。「マミ部長」の愛称で大泉洋、戸次重幸とともに軽妙なトークを繰り広げ、人気に。番組内の食べっぷりの良さにも定評がある。

2014年7月から編成部に異動したが、その後もHTBの看板社員の一人として活躍。「おにぎり」を16年続く長寿番組に育てた。退社後はフリーアナウンサーとして活動する。

この先も「表現者」として…
――1998年の入社からおよそ20年。今回、HTBという組織を離れる決断をされた理由についてお聞かせください。

今の私があるのはHTBのおかげですし、HTBには本当に感謝しかありません。

HTBのことは大好きだし、大好きなスタッフも沢山いるのですが、やはり「表現者」として、新しいフィールドにも挑戦しながらこの先も長く仕事をし続けていきたいという強い思いがあり、このような決断をしました。

HTBの人気番組「おにぎりあたためますか」佐藤麻美さんが退社。大泉洋、戸次重幸と歩んだ16年間に「感謝」
HTB「おにぎりあたためますか」公式サイト
「私は大泉さん、シゲさんに育ててもらった」
――20年に及ぶHTB人生において、印象に残っていることがありましたらお聞かせください。

入社前からロケをしていた「遊々夢ランド」というアウトドア番組ではチェンソーで森の木を切り倒したり、カヤックに挑戦したり、レンガで一からピザ釜を作ったり。

実は、初鳴き(新人アナウンサーが放送で初めてアナウンスすること)前から、番組に出演していたんです。振り返ると、若い頃は結構「体当たり系」の仕事が多かったなぁと思います。

いや、でもその後30代になってから担当した「スキップ」という情報番組でもオーストラリアでスカイダイビングをしながら番組名を叫んだり、札幌ドームで女子高校生とビール売り対決をしたりしていたので、「体当たり系」は一貫していたのかな(笑)

というのもあって、語りつくせないくらい印象に残っている仕事ばかりですが、やはり「おにぎりあたためますか」という番組に巡り合えたことは、私にとって最大で最高の出会いだったと思います。

先日、社内の先輩に退社の挨拶に行った時に、「麻美はおにぎりに就職したようなもんだな」と言われましたが、そのくらい私は大泉さん、シゲさんに育ててもらったと思います。

お二人が成せる絶妙なフリートークを生で学び、MCのなんたるかを勉強し、学んだらそれを番組で活かし、「豚一家」という家族のような関係が生まれ、常にポジティブに楽しく進行することができました。私にとって本当に大きな財産です。

更には、最後の4年間で編成部の仕事を経験できたこともかえがえのないものです。

テレビとは何か、番組とは何かを学び、視聴率やリリースを担当したり、「ハナタレナックス」全国放送の宣伝の仕事に携われたことは、アナウンサーという視点だけではないモノの見方を培うことができました。

――「おにぎりあたためますか」では、個性あふれるレギュラー陣「豚一家」の一員として番組を盛り立てました。印象に残っている場面などありましたら、ぜひお聞かせください。

これはもうありすぎて…どれからお伝えすべきかわからないくらいです(笑)

私がMCを担当する上で大事にしていたのは、とにかく「二人の好奇心を刺激し、喜怒哀楽を引き出す」ということでした。

だから、大泉さんはボヤキ、文句を言い、シゲさんはあらぬ方向に向かって突っ走っていく。それを仕掛けるのが本当に楽しくて(笑)

でも、やっぱりいまだに強烈に印象的なのは「シゲさんが集合場所に来ていなくて電話したら家にいた」という大遅刻のシーンですね。「こんなことってあるの?」って本当に信じられませんでした。

シゲさんは「俺もうダメだわ……」っ心底落ち込んでるのに、大泉さんが「大丈夫!シゲちゃん、今一番面白いよ!」と励ますという構図が最高ですよね。豚一家の絆が深まったひとつの大きな出来事だったと思います(笑)

スポンサードリンク



スポンサードリンク



-気になるニュース
-

執筆者:

関連記事

赤木春恵さんの晩年支えた“福山との文通”

ベテラン女優の赤木春恵さんが94歳で心不全のため29日に亡くなり、多くの芸能人が悲しみに暮れた。テレビの一時代を築いた「3年B組金八先生」や「渡る世間は鬼ばかり」(ともにTBS系)など、数多くの人気ド …

清水圭 ブログのまとめはこちら

清水圭さんは京都府出身。同志社大卒。サラリーマンを経て芸人となった。妻は女優の香坂みゆきさん(56)。2児の父。 かつては関西で多数のレギュラー番組をかかえていたほか、関東でも「世界ウルルン滞在記」で …

本田真凜 インスタグラム 熱

日本スケート連盟は25日、19年度の強化選手を発表した。フィギュアスケートでは4年ぶりの現役復帰を果たした昨季、全日本選手権2位となった高橋大輔(33=関大KFSC)が特別強化選手入り。昨季強化選手A …

涙腺を決壊させるUruの『中学聖日記』主題歌

現在放送中の有村架純演じる中学校教師と男子生徒の“禁断の恋”を描いたTBS系ドラマ『中学聖日記』。センセーショナルな内容で放送前より話題となっていたが、その一方で主題歌も注目を集めている。今年の音楽シ …

不登校YouTuber

「俺が自由な世界をつくる」。自由を求めて学校に通わない選択をした中村逞珂(ゆたか)さん(10)=宜野湾市=が「少年革命家 ゆたぼん」と名乗り、ユーチューバーとして活動している。大阪生まれ、沖縄在住のゆ …