気になるニュース.jp

気になるニュースをツッこんでお知らせします!

気になるニュース

ひょっこりはん、“ひょっこり芸”を貫く覚悟

投稿日:

大ブレークを果たしたお笑いタレント・ひょっこりはん。自身初の書籍『ひょっこりはんをさがせ!』(宝島社)も売れに売れている。世に出るキッカケとなった元日恒例の日本テレビ系『ぐるナイ おもしろ荘』から約1年が経過するが芸風を変える考えはサラサラない。「新しいネタを探すより、ひょっこりはんでまだやっていないことに力を注ぎたい」と生涯“ひょっこり芸”を貫く考えを語った。

■白石麻衣、綾瀬はるかに感謝「頭が上がらないです」

 同書はイラストの中に隠れるひょっこりはんを探して遊ぶ絵本で「世界一周旅行」をテーマに、世界の各所で“ひょっこり”。構成から隠れる場所まで本人が考案しているが、イラストは世界遺産やさまざまな文化・風習が描かれ、教養も楽しく身につけることができる。ひょっこりはんは「僕のキャラクターと『さがせシリーズ』の相性がよかったのかも。見つけるだけじゃなくて、見つけてクスっと笑ってもらえるようにしたいという思いもあって、それもいい風に働いたのかな」と笑顔を見せる。とにかく明るい安村ら子どもがいる芸人も購入し、高評価をもらったという。6月には、ネタのBGMの権利関係でひと悶着あったが「今回は大丈夫。入念に確認しました」ときっぱり。「さがせシリーズ」はウルトラマンや仮面ライダーも出しており、ひょっこりはんは「もし何かあるなら先にそっちを…」と冗談交じりに語っていた。

 今年、大ブレークした芸人No.1といっても過言ではない活躍ぶり。「去年では考えられなかったことですね。今の状態は未知の世界のことのようです」としみじみ。「希望が見えたから今のひょっこりはんというキャラクターをやっている。面白いぐらいハマっていった自分でもビックリするぐらいです」と驚きを隠さない。人気にさらなる火をつけたのは女性芸能人の存在だ。綾瀬はるか、白石麻衣(乃木坂46)、長濱ねる(欅坂46)らがテレビやSNSで“ひょっこり”してくれたおかげで認知度は一気に高まった。「『かわいい子がやったら…』とか漠然と思っていた。本当にやってくださって、むちゃくちゃ感謝してます。頭が上がらないです」と感謝の言葉を口にし「白石さんは最初に会ったときに『うわっ! 本物だ!』って言ってくださった。『逆、逆!』って感じですよ(笑)。すごく違和感ありました」と苦笑いで明かしてくれた。

 ひょっこりはんはタンクトップに青いタイツが“正装”。肌寒い季節になっているが「震えが止まらないです。地獄ですよね…」と戦々恐々で「まだ、そんなにヤバい現場を経験してないですね。0度で雨が降ったときのイベントは終始、ガチガチでした(笑)。『武者震いです』って言いながら我慢しました。冷え性で昔から寒さに弱いんですよね…」と早くも震えた。例年、裸に近い服装の芸人は雪まつりなどに呼ばれる。「周りから『ホントに気をつけろ。芯から冷えるから』と言われてます…」と覚悟を語りつつ、安村に助言を求めたところ「あれはムリだ」という教えてもらったという。「肌出している人は筋肉多かったり、痩せてたり、皮下脂肪が少ない人が多いんですよ。夏でも、ちょっとでも寒かったら震えるんですよ…。なので、オファーする方には『死なない保証はないですよ』と伝えたいですね(笑)」と冗談交じりに呼びかけた。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



-気になるニュース

執筆者:

関連記事

水谷隼 嫁

水谷隼さんは2016年のリオオリンピックで、男子シングルス銅メダル・団体戦銀メダルという素晴らしい成績をあげた卓球選手です。 この記事では、水谷隼選手が2013年に結婚した嫁や家族のこと、そして1億超 …

12歳 長尾里佳容疑者

高松市で小学6年生の男子児童にわいせつな行為をしたとして、22歳の女が逮捕されました。  逮捕されたのは、高松市国分寺町のパート従業員、長尾里佳容疑者(22)です。  警察によりますと、長尾容疑者は2 …

有働由美子 カラコン

組織を離れる決断をいたしました」。2018年3月末、NHKの情報番組『あさイチ』で8年間キャスターを務めた有働由美子の突然の退局報告は、あっと世間を騒がせた。 あの日から1年。ジャーナリストとして国内 …

芦田愛菜 現在 超悲報 両親

芦田愛菜さんに何が起こったのでしょう? 超悲報って何? 両親がどうしたの? 気になりますよね!! 探ってきます。 はっは~ん、そういう事ですね。 これは、現在の事ではないようです。 芦田愛菜さんが小学 …

香川照之の昆虫すごいぜ

「僕はEテレで昆虫番組をやりたい!」…民放番組で熱い思いを訴えた男がいる。俳優・香川照之。実際に会って取材をすると、子どものころから昆虫にどっぷりはまった“超”がつくほどの昆虫マニアだった───。 「 …